スノーボードゴーグルおすすめブランド6選

f:id:mountrip:20190203215606j:plain

スノーボードの小物でも必須と言えるゴーグル。

 

本日はこんなゴーグルを選ぶといいですよというお話です。

 

 

ゴーグルはなぜ必要なの?

最初のうちはゴーグルって邪魔だし、本当に必要なの?と思うこともあるかもしれません。

でも適切にゴーグルを使うことで、しっかりと視界を確保でき、安全にスノーボードを楽しむことができるんです。

 

ゴーグルの機能としては大きく3つ

・紫外線から目を守る

まず第一に強い紫外線から目を守るために必要です。

雪山の紫外線は、実は夏の海よりも強かったりして、油断をすると目が焼けてしまいます。

雪山がどれだけ紫外線が強いかというのは以前ご紹介しました↓

www.mountrip.net

 

・降雪・風から目を守る

降雪や風が強い日に何もない状態で目を開けて滑ることはほぼ不可能で拷問です。

このような悪天候でも快適に滑るためにゴーグルが必要となってきます。

 

・クリアな視界を得る

レンズカラーによって雪面の凸凹が見やすくなったりします。

 

個人的にはゴーグルは忘れたら困る小物No.1です。

 

 

選ぶポイント

形状

自分の顔に合うかどうかですね。

顔にしっかりフィットして、ゴーグルとの隙間がないのが理想です。

特に『鼻とゴーグルの間に隙間がない』かチェックして見てください。

ここの隙間があると、滑走中、風が入ってきて目が乾きます(笑

物によってアジアンフィットモデルもあったりするので要チェックです。

 

もう一つはヘルメットとの相性です。

形状的にヘルメットと干渉してしまうものもあるのでそこも注意しましょう。

同じブランドで合わせれば間違いはありませんね。

 

シングルレンズorダブルレンズ

レンズを2枚重ね、空気の層を作ることで曇りにくくしたのがダブルレンズです。

滑走中のレンズの曇りは結構なストレスとなるのでダブルレンズをオススメします。

 

レンズカラー

『オレンジ系』、『ピンク系』、『イエロー系』、『ブルー系』、『グレー系』、『クリア系』といったものがあります。

基本的には明るさに応じて選ぶことになります。

 

最初の一つとして万能型の『オレンジ系』か『ピンク系』を購入するのがよいでしょう。

 

私はいつも『ピンク系』を選んでいます。

快晴には程よく眩しさを抑えていて、逆に降雪時で薄暗い時では明るく見えるのでオールマイティーだと思っています。

頻度は多くないナイターでも使用しています。

 

上記のレンズカラーに加え、さらにミラーコーティングされた『ミラーレンズ』があります。

これは完全に好みの問題ですが、見た目がカッコいい・・・笑

私の使用しているものはダブルレンズの内側がピンク系、外側がミラーコティングされたレンズになっています。

 

その他

『レンズ交換のし易さ』 最近はマグネット式の物もあります。

『ベルトがバックル式か、否か』 ヘルメットとの相性も。

 

オススメブランド 

オークリー OAKLEY

1975年に設立された、米国カリフォルニア州に本社を構えるスポーツ&ライフスタイルブランド。「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか?」を第一に考えて技術開発を行ってきた企業姿勢は、全世界で約600の特許取得という技術を生み出し、アイウェア業界のリーダ的存在となっている。あらゆるスポーツジャンルにおいて一流選手の使用実績がそのクオリティーの高さを証明している。

http://japan.oakley.com/company_information/

 

オークリーの定番モデル、CANOPY。

 

ここ数シーズン流行っているフレームレスです。Flight Deck。 

 

こちらもカッコイイですね、LINE MINER。

価格も抑えめでいいですね。

 

スミス SMITH

スミスの定番モデルであるI/Oです。

 

気になるのがこのマグネットでレンズが付くというI/O MAG。

  

ドラゴン DRAGON

1993年、創設者のウィル・ハワードは、アメリカ・カリフォルニア州カポビーチの小さなガレージにて、サーフィン、スノーボード、ダートバイクなどのアクティブなライフスタイルをサポートするアイウェアカンパニー DRAGON(ドラゴン)を設立しました。

一般的なスポーツに比べて、激しい動きやクラッシュ(転倒)の多いアクションスポーツにとってベストなアイウェア製品とは?

ウィルは、開発にあたって、一番のハードユーザーである各フィールドのトップアスリートへのサポートを行ってきました。彼らからのフィードバックを基に、「視認性」、「安全性」、「耐久性」、「軽量性」が現場で求められる最も大切な要素として、製品の向上に努めてきました。さらに、25年以上に渡る技術進化の過程では、名盤DXの誕生、世界発の完全フレームレスデザイン(特許技術)、LUMALENS®技術、各国・人種に特化したレンズカラーなどの新しいテクノロジーを発表してきました。また、メディア・トレードショウにおいてそれらの新しい技術を採用した新製品は、数々のベストプロダクト賞を獲得しております。

http://www.dragonalliance.jp/about/

  

ドラゴンのフレームレスモデル。

友人が使用していて調子良さそうです。 

 

エレクトリック ELECTRIC

 

ボンジッパー VONZIPPER

 

ダイス DICE

山本光学が展開する国産ブランドで有名ですね。

我々は、単に質の良いゴーグルやヘルメットを作る事を目標とするブランドではありません。性別・スタイル・コンディションなどを超えて、「スノーボーディングを愉しむ」という「最高の体験」を提供することを真の目標としています。我々は、世界中のライダーが持っているスノーボーディングへの「情熱」に寄り添うために生まれ、共に多くの歳月を過ごし、革新的なプロダクトを世に送り出してきました。そしてそこには、我々が100年以上にわたって磨き上げ続けてきた「テクノロジー」がありました。


どんなに過酷な状況にあろうとも、安心してスノーボーディングを愉しめるように。
ライダーが持つ「情熱」に、我々は「テクノロジー」でこたえ続けていきます。

https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/dice/story/

 

私が現在使用しているモデルがHIGH ROLLERです。 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

まとめますと、ゴーグル選びに迷ったら・・・

『顔にフィットした』ゴーグルで、レンズは『ダブルレンズ』『ピンク系』の物を。

そしてデザインやミラーレンズはお好みで選んでみてください。

 

付け加えるとここ数シーズンはフレームレスで大きめのゴーグルが流行っていますね。

お気に入りのゴーグルを見つけて雪山を楽しみましょう♪

 

以上です。

 

他のギアについての記事はこちら 

www.mountrip.net

 

www.mountrip.net

 

www.mountrip.net

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村