奥日光・千手ヶ浜 | 美しいクリンソウを見に中禅寺湖畔ハイキング

f:id:mountrip:20190608193050j:plain

奥日光・中禅寺湖畔の千手ヶ浜はクリンソウ(九輪草)の群生地として有名で、例年6月に見頃を迎えます。

千手ヶ浜まで行く手段は3つ(遊覧船、低公害バス、徒歩)あるのですが、この時期は気候も良く新緑の中気持ちのいい山歩きができるため健脚な方にはハイキングをおすすめします。

 

  

千手ヶ浜に群生するクリンソウとは?

f:id:mountrip:20190608192947j:plain

サクラソウ科の多年草で、紫やピンク、白の花を咲かせます。

長い茎を中心に、小さな花が数段にわたって円状につき、それが仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることから、クリンソウと呼ばれています。

f:id:mountrip:20190608192858j:plain

 

アクセス

千手ヶ浜への行き方は3通り。

  1. バス →低公害バス(片道¥300)
  2. 船 →中禅寺湖遊覧船クルージング
  3. 徒歩  →赤沼駐車場-菖蒲ヶ浜-千手ヶ浜(片道約2時間のハイキング)

赤沼駐車場からのバスがもっとも一般的でシーズン中は朝4時台から運行しています。

今回ご紹介するのは行きは歩いて、帰りにバス利用ですが、見頃の週末などは日中混雑するので出来るだけ早い時間に動くことをおすすめします!

f:id:mountrip:20190608212835p:plain

出典:日光自然博物館

 

赤沼駐車場から竜頭の滝へ

f:id:mountrip:20190608193353j:plain

赤沼駐車場から千手ヶ浜までバスが出ているので、赤沼駐車場に車を停めて、行きは歩き、帰りにバスを利用します。

f:id:mountrip:20190608193403j:plain

赤沼から竜頭の滝への道はよく整備のされたハイキングコースとなっています。

新緑に癒されますね。

f:id:mountrip:20190608193411j:plain

ハイキングコースの脇は「湯ノ湖」から「中禅寺湖」へ繋がる湯川が流れています。

「湯滝」や「竜頭の滝」がある川です。

f:id:mountrip:20190608193420j:plain

観光地として有名な竜頭の滝です。

竜頭の滝から道路を渡って、中禅寺湖畔(菖蒲ヶ浜)へ出ます。

 

菖蒲ヶ浜から千手ヶ浜まで中禅寺湖畔をハイキング

f:id:mountrip:20190608193453j:plain

中禅寺湖畔沿いのハイキングコースを約4km、1時間くらいかけて千手ヶ浜を目指して歩いていきます。

f:id:mountrip:20190608193504j:plain

途中階段があったり多少のアップダウンはありますが、高低差は少なく比較的歩きやすい道です。

f:id:mountrip:20190608193335j:plain

高台から見る中禅寺湖畔の眺めも良いですよ。

f:id:mountrip:20190608193310j:plain

千手ヶ浜に近づくと道も平らで気持ちの良い森歩きができます。

 

クリンソウ群生地の千手ヶ浜・仙人庵

f:id:mountrip:20190608192648j:plain

バス停もある千手ヶ浜からさらに5分ほど歩いたところにクリンソウの群生地「仙人庵」があります。

f:id:mountrip:20190608192839j:plain

「仙人庵」は私有地を解放してくださっているそうで、ネットを張りクリンソウの保護がされています。

f:id:mountrip:20190608192910j:plain

清流沿いに咲く姿が美しいですね。

f:id:mountrip:20190608193126j:plain

 

写真撮影は望遠レンズがオススメ

f:id:mountrip:20190608193135j:plain

花付きのいいクリンソウが群生地の中心部にあったりして標準レンズだともっと寄りたいと感じることが多いため、200〜300mmの望遠レンズを使った方が撮りやすいと思います。

 

f:id:mountrip:20190608193155j:plain

清流越しに遠目のクリンソウを切り取ってみたり。

f:id:mountrip:20190608193218j:plain

背景をボカしたり。

f:id:mountrip:20190608200400j:plain

少し遠い満開なエリアを撮ったりすることができます。

 

クリンソウと森林浴を楽しんだら帰ります

f:id:mountrip:20190608200409j:plain


千手ヶ浜にはバス停があるので、そちらで低公害バスに乗って帰ることができます。

例年見頃は6月中旬です。

梅雨時期ですが、バスを使えば小雨でも楽しめると思うのでぜひ訪れてみてください。

 

こちらの記事もどうぞ