スノーボードで綺麗なフォームで滑りたい。その方法とコツ。【初級・中級者】

f:id:mountrip:20190116222833j:plain

こんにちは。

みなさん滑りに行っているでしょうか。 

本日はスノーボードでどうしたら綺麗なフォームで滑れるの?

という質問について考えてみたいと思います。 

 

 

なんかカッコよく滑れないんですけど・・

綺麗なフォームで滑りたい、と質問してくれた方も当てはまるのですが、スノーボードを始めて最初の頃によくあるパターンを3つ挙げてみました。

(命名に悪意はございません)

まずはどんな状態になってしまいがちなのか知るところから始めます。

 

①お辞儀&出っ尻ちゃん

頭が下がって、お尻が出ちゃうパターンです。

これはこれでバランス取ってるからダメではないんです。

でももうちょっと楽に、自然に板に乗れるはずですよね。

頑張って顔をあげているのですが、景色が真っ直ぐ見えていないはずです。

f:id:mountrip:20190119202724j:plain

 

②逆ひねらー

脚力のある男性に多いタイプです。

とりあえずパワーはあるので板を振り回してターンはできます。

最初のステップとしてはOKなのですが、スムーズなターンはしにくいです。

f:id:mountrip:20190119202750j:plain

*逆ひねりが絶対ダメという訳ではありません。

グラトリなどでは逆ひねりを多用しますので使い所の問題です。

今回は楽にスムーズにターンすることを目標としています。

  

③超不安定チョッカリくん

「スノーボード楽しいすぃーっ!!」ってのはイイのですが、どちらのエッジにもきちんと乗っていなくて、いつ逆エッジになるか見てて不安になるようなフラフラした滑走。

人が出てきたらちゃんと避けられる?

 

 

綺麗なフォームのポイント①

基本姿勢で滑る

平地でその場でジャンプをして、着地した時の姿勢。

そこが一番力が入る姿勢のはずです。

頭が落ちたり、極端にお尻が出たりしない姿勢のまま滑ります。

f:id:mountrip:20190119205133j:plain

 (この模型、頭のポジションが少しずれています。すみません)

 

綺麗なフォームのポイント②

板と身体の動きを同調させる

上半身と下半身を逆にひねるのは板を振り回しやすいメリットがある反面、スムーズな滑走には逆効果となります。

カービングターンにも繋がる事になりますが、『板の進行方向と身体の動きを同調させる』事で綺麗なターンが描けます。

結果、綺麗なフォームになります。

f:id:mountrip:20190119204328j:plain

 

綺麗なフォームのポイント③

雪面変化に応じて素直に板に乗る 

滑っていてかっこよく見える人は、いわゆる”板に乗れてる”状態です。

結局は雪面変化に応じて素直に板に乗っていくことが一番大事だと思っています。

抽象的になってしまいますが、圧雪、パウダー、壁、キッカーと色々なバーンを滑りまくっていると自然と無駄は削ぎ落とされていきます。

 

例えばパウダーを逆ひねりで滑ると板がスムーズに流れず、埋まってしまったりする訳です。

そうならないように滑ろうとすると、板と身体を同調させるようになります。

ある程度頭で考えたら、身体で覚えるのも大切です。

 

まとめ

上級者は無駄の少ない動きで板を操ることができるため、綺麗なフォームで滑れます。

そこに近づくために、まずは基本姿勢を覚えて、板に素直に乗る事を意識してみましょう。

 

いいポジションが分かっている人、いわゆる’’乗れてるね’’というボーダーの滑りはどんなスタイルでも本当に安定していてカッコイイです。

カッコよく、綺麗なフォームになるようガンガン滑りに行きましょう!

 

関連記事 

www.mountrip.net