カービングターンは4つのステップでできる!滑り方【初級・中級者】

f:id:mountrip:20190106104846j:plain

スノーボードで中級者ってどのくらいを指すのか人によりイメージはまちまちでしょうが、一般的にはスキー場のコースはどこでも転ばずに滑ってこれるくらいでしょうか。

今後パークに入るにせよ、フリーランだけにするにせよ、エッジコントロールがきちんとできるという意味で「カービングターン」を覚えるのが重要です。

という訳で、今回は初中級者に向けたカービング導入編です。

 

 

 

対象

  • 普通にターンはできるので、脱初級者を目指している!
  • カービングターンをやってみたい!!
  • カービングできてると思うけどなんかしっくり来ない!

という方。

 

カービングターンとは

一般的にズレの少ないターンのことをカービングターンと言います。

ズレが少ない・・というのは「板のノーズとテールの軌道が同じ」とも言い換えられます。 

朝一のバーンで綺麗なS字のラインで滑る人を見たことがあると思います。そんなターンをしたいですよね。

カービングターンをするまで4つのステップに分けて練習法をご紹介します。

 

ステップ1:斜滑降

1つ目のステップではエッジに乗ることを覚えましょう。

足首をロックして「エッジに乗ってバーンを斜めに横切ります

 (*後ろから人が来ないか確認してからスタートしてください)

この時、1本のラインを描けていますか?ズルズルと斜面下に落とされないようにしましょう。

f:id:mountrip:20190106110139p:plain

 

 

かかと側のコツ

足首をしっかりロックして、ノーズ方向の遠くを見ましょう。足元がふらふらしていると板はズレていってしまいます。目線はコース反対側の林を見るくらいでOKです。 

つま先側のコツ

腰が折れないようしっかりと身体を起こして、ノーズ方向の遠くを見ましょう。

ズレない原理

板をしっかりと立てて雪面に噛ませること(「角付け」と言います)で、板がズレずに滑ることができます。

 

ステップ2:棒立ちターン

ステップ1でエッジに乗る感覚が分かったら、次に棒立ちターンに挑戦してみましょう。

*ある程度スピードが必要です。

①腰やヒザを必要以上に曲げず、出来るだけ真っ直ぐな姿勢をとります。

 足首はロックでいいです。

②そのまま、ヤジロベーのように身体の軸を少し倒してエッジに乗ります。

 体軸が倒れることで板が立ち、エッジが雪面に刺さります→「角付け」

③つま先→かかと→つま先、、と乗っていきましょう。

 

f:id:mountrip:20190106110747p:plain

上級者にも有効な練習法です。

最初は浅いターンでいいので、エッジに素直に乗って行くよう意識しましょう。

大事なこと

  • 板を雪面に食わせる(しっかり角付けする)
  • 体軸を真っ直ぐ保つ
  • 目線を先へ先へ送る

 

ステップ3:Jターン

ステップ1、2でエッジに素直に乗る感覚が分かってきたら、1ターンでいいのでしっかり板に乗り込む練習です。

直滑降から1ターン、しっかりエッジに乗り込みます

膝や股関節を適度に曲げて、バランスを保ちながら「J」を描くようにターンします。

 

f:id:mountrip:20190106111351p:plain

 

「つま先側」「かかと側」の両方ともやりましょう。

大事なこと

  • 板を雪面に食わせる(しっかり角付けする)
  • 目線を先へ送る
  • 曲がる時にかかる力に負けないよう身体をコンパクトにする

 

ステップ4:カービングターン

ここまで来れば基本的な要素は揃っています。ステップ1〜3のことを踏まえて、 エッジをしっかり噛ませながら連続ターンをしてみましょう。

最初は緩斜面で浅いターンでいいのでカービングターンで雪面を切っていく感覚を楽しんでください♩

大事なこと

  • 板を立てる:「角付け」する。
  • 目線:ターンの先へ先へ送っていきましょう
  • スピード:カービングにはある程度のスピードが必要です

 

まとめ

中級者の滑り方としてカービングターンの導入についてご紹介しました。

カービングターンは非常に奥が深いものです。言葉で説明しきれていない部分は多いと思いますが、参考にしてみてください。

 

関連記事