ターン習得に向けた練習方法とは?木の葉落としの次のステップ【初心者】

f:id:mountrip:20190106104717j:plain

何事も順番を追って練習していくと、すんなりできるようになるものです。

本日は、ターンができない初心者・初級者向けのお話です。

教え方の参考にもしてください。

 

 

 

対象

「スノーボードで横滑りで普通に降りてこれるようになった!」

「楽しい!でも周りの人はターンとやらをやっている、、、木の葉の次ってどうしたらいいの?」

という人向け。

 

ターンって何?

スノーボードは横乗りのスポーツで、つま先とかかと側のエッジを使って滑ります。

このつま先とかかとのエッジを順番に使うことで、スピードをコントロールしながら自由に滑れるようになります。

  

【ステップ1】木の葉落とし

木の葉落としは、片側のエッジで左右に行ったり来たりする滑り方です。

行きたい方向へ顔を向け重心を乗せることでその方向へ板が進んでくれます。

まずはきちんと板に安定して乗れるよう慣れましょう。

 

「もうできてるよー」という方、「かかと側」だけではないですか?

 

「かかと側」の木の葉落としができるようになったら次は「つま先側」のエッジでも練習してください。

*斜面の下が見づらいので人に当たらないよう注意

 

f:id:mountrip:20190102234259j:plain 

 

 

つま先側のエッジでスピードコントロールするのは最初のうち難しいかもしれません。

板の上に真っ直ぐ立つ(スッと立つ)つもりでやってみましょう。

足元を見ていたり、腰が折れているとエッジコントロールがしにくいです。

 

 

【ステップ2】ジグザグ

横滑りの状態で、右足と左足を交互に押し出し、板を振ってみましょう。

f:id:mountrip:20190102234317j:plain

エッジをズラしながら板を自分の意志で動かす練習です。

重心は板の真ん中でOKです。

上半身を逆にひねるとより板を振り出しやすくなります。

 

「かかと側」だけでなく「つま先側」も練習しましょう。

 

 

【ステップ3】つま先→かかと

できるだけ緩やかな斜面で練習します。 

f:id:mountrip:20190102235625j:plain

つま先側でエッジをかけて止まった状態

→進行方向(レギュラーの人は左足)に体重を乗せ前足のエッジを緩める

板がまっすぐ(直滑降)になるまで体重を前足に乗せ続け我慢

→かかと側のエッジで止まる

 

ポイント

・重心:前足

・目線:進行方向をみる。足元見ない。

 

ステップ1、2でエッジコントロールができていれば、止まるのは簡単なはずです。

直滑降になるまでのところを慌てずに、重心と目線(顔の向き)を意識しましょう。

上半身をひねって板を返してもいいです。

 

 

【ステップ4】かかと→つま先

ステップ3と全く一緒です。こちらの方が難易度が上がります。

f:id:mountrip:20190102235708j:plain 

かかと側でエッジをかけて止まった状態

→進行方向(レギュラーの人は左足)に体重を乗せ前足のエッジを緩める

板がまっすぐ(直滑降)になるまで体重を前足に乗せ続け我慢

→つま先側のエッジで止まる

 

ポイント

・重心:前足

・体勢:真っ直ぐ立つ。腰が折れるとつま先側のエッジがコントロールしにくい。

 

つま先側はエッジがささりやすいため、板を立てすぎない(雪面に刺しすぎない)ように意識しましょう。

ステップ2で練習したズラしが重要になってきます。

つま先側のコントロールがうまく行かないときはステップ2に戻りましょう。

 

 

【ステップ5】連続ターン

ステップ3, 4 を繋げるだけです。

 

ターンがうまく行かない人の多くは「つま先側」のエッジコントロールが原因ですので、ぜひステップ1, 2のつま先側を練習してみてくださいね。

 

何度も転ぶと痛みや恐怖心が出て来て、それ以上やりたくなくなってしまいます。

基礎をしっかりやることで無駄に痛い思いをしなくて済みますので参考にしてみてください。

 

また、素直にスクールに入るのもいい手です。

www.mountrip.net

 

楽しいスノーボードライフを!

 

 

 

 ↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村