ターンができるようになったら次のステップは?地形遊びをしよう【初級・中級者】

f:id:mountrip:20190106104758j:plain

「スノーボードに何回か出かけて、木の葉落としを卒業し、ターンもできるようになった!」

「スキー場の上から下までとりあえず降りられるようになった!」


ただターンをしてるのもいいけど、次にどんなことをやると早く上達するでしょうか?

今回はそんなお話、、、「地形遊び」のご紹介です。 

 

対象

・ターンができるようになった人

 

とりあえずスキー場を上から下まで滑れますよ!という方。

↓こちらができた人

 

地形遊びって?

スキー場のコース脇にある壁や、地形のうねりを使って遊ぶこと。

・・・ざっくりとした説明ですが、綺麗な斜面の中央だけを滑るのではなく、コースの端から端まで遊び倒しましょう!ということです。

 

上手い人がコース脇で遊んでいるのを見たことがありませんか?

経験者はよく知っていますが、上達の秘訣が詰まっています。

 

メリット

・斜度変化に対応できるようになる

・エッジの使い方が上手になる

 

何より楽しみながら上達するって最高じゃないですか!

遊び方は自由ですが、まずは下記ステップを試してみてください。 

 

ステップ1:ウェーブを上って下りる

スキー場にもよりますが、ウェーブと呼ばれる起伏を作ってあるところがあります。

連続ウェーブに入って、上って下ってみましょう。

 

 

f:id:mountrip:20190103164008p:plain

ポイント

・身体が遅れないよう斜度変化に合わせる

特に、ウェーブの頂上から下る時に、身体が遅れないよう積極的に、「下へ下へ」板を踏み込んでいきましょう。

 

ステップ2:横壁を上がって下りる(つま先側)

スキー場にもよりますが、コースの脇に滑りながら上れる壁が結構あります。

高くまで上がる必要はないので、少し上って、下りてくるというのをやってみましょう。

まずは「つま先側」の壁がやりやすいと思います。

 

ポイント

壁の斜度に肩のラインを合わせる

斜度に合わせないと、ノーズが刺さります(下図・右)

 

f:id:mountrip:20190103170106p:plain

この肩のラインを斜度に合わせるというのがとても大事です。

 

ステップ3:横壁を上がって下りる(かかと側)

ステップ2のかかとバージョン。

かかと側の方が、壁を登りにくいと思いますが、少しずつでいいので入ってみてください。

 

ステップ4:スピードを上げて壁の高いところを目指す

ステップ2、3を初めてやった時は、ちょっと上って下りる、という感じだと思います。

できるだけ上を目指してください。 

 

ポイント

周りの上級者の動きを観察して、壁への

・進入速度

・進入角度

を調節して見てください。

 

気づけば高いところまで上れるようになっていると思います。

 

そうこうしているうちに

「エッジの使い方」「スピード調整」「斜度変化への対応」が身につくはずです。

今までより自在にスキー場内を滑れるようになって、楽しみが広がります。

 

今回は割愛しますが、更にジャンプやスピンの練習の場にも地形遊びは使えますよ。

 

上手い人は本当に楽しそうに地形を使って滑りますよね〜。

 

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村