Twitterの夜間モードが普段使いにもおすすめ〜やり方・メリット〜

f:id:mountrip:20190228194626j:plain
日中は仕事でパソコンを使い、帰ってきてからもパソコンやスマホでTwitter見たりYoutube見たり・・・そんな生活を送っている人はいないでしょうか。

・・・はい、私のことです。

目がめちゃくちゃ疲れるんですよね。

今回はTwitterの夜間モード(ナイトモード)が日常使いにもおすすめなのでご紹介したいと思います。

 

 

夜間モード(ナイトモード)とは

Twitterのデフォルト設定では背景画面は「白」になっていますね。

日中の明るい場所で見るにはいいのですが、夜間暗い場所では眩しすぎるため、背景色を暗くした「夜間モード」が設けられています。

夜間モードを有効にすると、色が反転し、背景がグレー〜黒系、文字が白に変わるようになっています。

 

メリット

目に優しい

夜間モードを使う1番の理由がこれ。

ずっと画面を見ていて目がチカチカした経験はありませんか?

特に夜暗い場所で見るには白背景の明るいディスプレイは目に負担が大き過ぎます。

これが、夜間モードにするだけで格段に見やすくなります。

暗いところだけでなく、日中でも見やすいため、実は一日中このままで大丈夫です。

 

自律神経への影響を小さく

夜、就寝前にスマホ画面を見ている方って多いのではないでしょうか。

明るい画面を見ると自律神経が乱れ、睡眠の質が悪くなると言いますよね。

画面を見ないのが理想ですが、画面の明るさを抑えることで影響を少しでも小さくすることが大事です。

 

デザインが良い

白バックより黒バックの方がカッコよくないですか!?

好みの問題ですが、一度ご自身でも試してみてください。

 

 

やり方 

スマホ

  1. アプリを起動
  2. 左上の「自分のアイコン画像」をタップ
  3. 左下の「月マーク」でON/OFFを切り替え

f:id:mountrip:20190228195004j:plain

 

パソコン

パソコンのブラウザ上でも同じように夜間モードを使用できます。

  1. Twitter画面を開く
  2. 右上の「自分のアイコン画像」をタップ
  3. 「Night mode」でON/OFFを切り替え

 

f:id:mountrip:20190228195023j:plain


 

 

まとめ

簡単ですが、今回はTwitterの夜間モードのメリットと設定方法をご紹介しました。

夜間モードという名前ですが、日中に見づらいということはないので、私は常時この設定にしています。

ぜひお試しください。