スキー場リゾートバイトの体験談 | スノボ滑り放題って本当?

f:id:mountrip:20190825133556j:plain

「スノボやスキーをがっつりやりたいけど、遠いしお金がかかるなぁ・・・」

なんて思っている方、スキー場でリゾートバイト(リゾバ)をするという手がありますよ。

リゾートバイトは、住み込みで働くため生活費がほとんどかかりません。

その上、スキー場が目の前という環境なので、冬のスキー場リゾバはスキー・スノボ好きにとって最強のバイト。

私自身、学生時代に短期のスキー場リゾバをしていて、社会人になってからはスノーボードの非常勤インストラクターとして、スキー場バイトの方達と接していますので、リゾバの体験談と方法をご紹介します。 

こんな人におすすめ

  • スキー・スノボが大好きな人
  • 短期間でお金を貯めたい人 
  • 冬休みを有効活用したい人
  • 非日常の思い出づくりがしたい人

 

 

スキー場のリゾートバイト職種

スキー場でのリゾートバイトは大きく「スキー場施設」と「周辺宿泊施設」の仕事があります。ざっと挙げると以下のような職種があります。

  • リフト係
  • レンタル業務
  • リフト券販売
  • ゲレンデレストラン・売店
  • インフォメーション
  • インストラクター・パトロール
  • ホテル・宿泊施設業務

スキー場に行った時に働いている方々をイメージすると分かりやすいと思います。インストラクターやパトロールは経験や資格が必要ですが、その他は初心者でも全く問題はありません。接客業が多いので、人と接する仕事が好きな人は向いています。 もちろん裏方業務もあるので希望の職種を探してみましょう。

 

スキー場のリゾートバイトの期間は?

スキー場がオープンしている期間なので、通常12月〜3月です。

その間に1〜2週間の「短期」から3〜4ヶ月の「長期」まで採用は様々なので、自分の希望にあった求人を探すことになります。

 

リゾバ体験談:求人サイトでバイト先を探す

リゾートバイト先の決め方は後半で詳しく書きますが、私はリゾバの求人サイトに登録して探しました。結果的にはこれが正解でした。

私自身は、「時給」と「スキー場で滑れる時間」を重視していたので、その点を担当者さんに伝えると、それを踏まえて派遣先に交渉してくれました。結果的には、高時給で、リフト券タダで、滑る時間もしっかり確保してもらえました

ちなみに、同じ仕事をしていても派遣元によって時給は結構違います。求人サイトが間に入るとマージン取られるのでは?と思うかもしれませんが、個人が直接交渉するよりむしろ時給は良くなります。

私が働いたホテルも直接雇用のバイトさんより求人サイト経由で入ったバイトさんの方が時給が高かったです。 ちなみに、最終的に私がお世話になったのはリゾートバイト.com。サイトごとに求人も異なるので最初は複数サイトに登録しましょう。

 

リゾバ体験談:勤務内容

勤務先はスキー場目の前のホテルに住み込みで、年末年始を含む2〜3週間の短期バイトでした。

主な業務は3つ

  • 布団敷き
  • 調理補助と配膳
  • 売店業務

年末年始の特定日は朝早くから夜遅くまでかなり忙しかったですが、接客も体を動かす業務は好きなので楽しく働けました。実際、毎日滑りに行く元気はあって充実した日々を過ごしていました。

 

リゾバ体験談:一日の流れ・日常生活

ざっくりとした一日の流れは以下のようなイメージです。

  1. 起床・身支度
  2. 朝:朝食準備、片付け
  3. (休憩or滑走)
  4. 昼:布団敷き・ベッドメイキング
  5. (休憩or滑走)
  6. 夕:夕食調理補助・バイキング対応・片付け
  7. 食事・風呂・就寝

それぞれの仕事の合間に空き時間が2〜3時間あるので、そこで目の前のスキー場に滑りに行っていました。

少しでも多く稼ぎたい人と滑りたい人がいて、希望によりシフトの融通をきかせてもらえました。私はたくさん滑りたかったので、毎日2時間以上は空き時間を作ってもらっていましたし、日によっては朝食準備だけやって、朝一のリフトで新雪を楽しむこともできました。

f:id:mountrip:20190825133817j:plain

 

リゾバ体験談:寮について

8畳の畳部屋に2人生活でした。この時は友人と二人で行っていたのでその友人と相部屋になりました。

カップルで来ている人もいましたし、もちろん一人で応募してきてその人達同士で組んでいるところもありました。毎シーズン来ている人はその人専用の一人部屋でした(笑)。

寮の条件はバイト先によって様々なのでよく確認するのをおすすめします。

 

リゾバ体験談:良かったところ

  1. 高時給
  2. 空き時間は自由に滑れる
  3. リフト券無料
  4. 寮費・食費無料
  5. 仲間ができる

スノーボードが上手くなりたければ滑り込むことが大事です。しかし、スノーボード用品に加えてリフト券代がかかると、学生にとってはなかなかお金が続きません。スキー場でのリゾバはかつての私のようにスノボ上手くなりたいけどお金も無いという人にとってピッタリ。一言で言うなれば「遊んで稼げる!!」天国のような場所。

また、シーズン通してスキー場バイトをしている人同士で付き合う例は結構多く、出会いもあったりします。そういうの関係なしに楽しめる仲間ができるというのは嬉しいことですね。

 

リゾバ体験談:悪かったところ 

正直言って、私自身は悪かったところがほとんど思い当たらずほぼゼロ。

勤務先のメンバーの口から出ていた愚痴は主に2つです。

  1. しんどい・疲れる
  2. 人間関係

職種によりますが宿泊者が多い日の食事準備・配膳は確かに休みなくずっと動き続けるので体力がないとキツイです。また、スキー場バイトでいうとリフト係は単調な作業で寒くて辛いなどの声もあります。

あとは人間関係でしょうか。寮生活なので共同生活が苦手な人はツラく感じるかもしれません。私が勤めていたところは良い人たちばかりだったのですが、合わない人がいるとストレス溜まるかもしれませんね。

しかし、私のように体を動かしたり色々な人と関わったりするのが好きな人にとっては、普段できない経験ができて非常に楽しいバイトです。

 

リゾバの探し方:求人サイト登録・応募・採用までの流れ

実際の応募から採用まで流れをご説明しますね。

  1. ネットでリゾートバイトの求人サイトに登録する
  2. 担当の方から連絡が来るので履歴書提出&電話で希望を伝える
  3. 求人先とマッチング(面接は電話)
  4. さらに希望や不安点があれば確認してくれる
  5. 採用が決まったら、あとは準備をして行くだけ

まずは自分の希望するエリアや職種の求人があるか分からないので複数サイトを登録して探すのが良いです。同じ職場でも派遣元によって時給が違ったりするので、担当の方に条件含めて相談しましょう。また、分からない点・不安点なども聞くと丁寧に教えてくれます。

リゾバで失敗しないコツ 

複数サイトに登録してバイト先を比較検討すること。

派遣元によって時給や条件が違うことがよくあります。

それとリゾバで一番大切なのは自分の希望をしっかりと伝えること

「とにかく稼ぎたい!」or「滑る時間を確保できる仕事が良い!」

だけでも決めておくと満足の行くリゾバ生活を送れるでしょう。

おすすめ求人サイト

リゾバサイトは何社もありますが、初心者はサポート体制のしっかりしている大手サイトが安心です。

下記4サイトは求人数、サポートが充実していて時給も良いのでおすすめです。いい仕事は早い者勝ちなのでまずは登録して担当者さんに相談してみましょう。

スキー・スノボが大好きな人!、短期間でお金を貯めたい人! 、冬休みを有効活用したい人!、彼氏彼女が欲しい人!、非日常の思い出づくりがしたい人!

今すぐリゾバを検討してみてください。

他ではできない貴重な経験があなたを成長させてくれるでしょう!