雲竜渓谷の氷瀑を訪ねる【北関東】栃木・日光

f:id:mountrip:20190114111401j:plainスノーボードが大好きなわたくし、基本的に冬は滑ってばかりなのですが、冬の絶景も見たい訳です。 

今回は、昨年の今日、日光の『雲竜渓谷』に行ってきたお話です。

 

落石や落氷、滑落の危険があり相応の経験と適切な装備(12本爪アイゼンやヘルメットなど)が必要となります。

 

 

行程

2018年1月14日

雲竜渓谷登山口6:45→稲荷川展望台7:45→洞門岩8:15→(林道ルート)→雲竜渓谷入り口9:20→雲竜渓谷内散策・休憩10:00-11:30→(川沿いルート)→洞門岩12:15→雲竜渓谷登山口13:10

 

ハイシーズン(1月下旬〜2月上旬)の1週間前でしたが、林道ゲート奥の駐車場は10台程しかないため6時半到着でギリギリ停められた感じでした。

また、林道はアイスバーン及び坂道のため四駆は必須ですので、歩く距離は伸びますが手前の「瀧尾神社」に駐車した方が無難です。

 

夜明けとともに出発

冬は日の出が遅いですね。

観光地でもある日光ですが、厳冬期はかなり冷え込むので完全に冬山装備です。

この日の気温は-10°Cくらいでした。 

でも冬の張り詰めた朝の空気も私は好きです。

f:id:mountrip:20190114105313j:plain

河原のコースもありますが、状態が分からなかったので、今回はこんな感じの林道をひたすら歩いて行きます。

f:id:mountrip:20190114105743j:plain

太陽が上がってきました!

f:id:mountrip:20190114110021j:plain

 

 

奥には日光連山

途中の展望台から女峰山(左の山)と赤薙山(右の山)を望むことができます。

快晴で風もなく最高に気持ちがいい日です。

f:id:mountrip:20190114110212j:plain

時間はあるのでまったりと林道歩きです(変化がないのでちょっと飽きますが・・)。 

2時間半程歩くと、雲竜渓谷の入り口に到着です。

ここで10本爪アイゼンとヘルメットをつけて、河原におりました。

 

氷柱が連なる雲竜渓谷へ

河原は一部水没の危険があるところもあるので、気をつけて歩きます。

早速、見えてまいりました。

f:id:mountrip:20190114110946j:plain

まだ最盛期前ですが、しっかりと氷柱が連なっています!

f:id:mountrip:20190114111128j:plain

アイスクライミングされている方々、カッコイイですね〜。

f:id:mountrip:20190114111549j:plain

氷柱の下に入ると危ないので気をつけながら川を渡って行きます。

積雪後だと踏み抜かないか、かなり気を使いそうです。

f:id:mountrip:20190114111625j:plain

どどーんと立派な氷柱が並んでいます。

これが見たかったんですよね〜。

ここから1〜2週間で氷柱がさらに育つはずですね。

f:id:mountrip:20190114111837j:plain

見上げるとこんな感じです。
 f:id:mountrip:20190114112003j:plain

氷柱がないところから裏手に回り込んでみました。

奥に見える滝が『雲竜瀑』です。

f:id:mountrip:20190114112124j:plain

人がいるとサイズ感がわかりますね。

f:id:mountrip:20190114112428j:plain

ここから雲竜瀑まで登れるのですが、この日は雪面がかなり固くツルツルの状態。

同行者もいたので危険と判断し、無理はせずここでのんびりしました。

(登りかけて諦めて戻ってこられていた方が多かったです)

f:id:mountrip:20190114112528j:plain

 

雲竜渓谷を堪能

ここでお湯を沸かしてコーヒーブレイク。

気温は相変わらず低いですが風がなくゆっくり休めます。

足元をみればそこにも自然の造形美が。

f:id:mountrip:20190114113236j:plain

美しいです。

f:id:mountrip:20190114113434j:plain

振り返るとこんな感じ。

f:id:mountrip:20190114113739j:plain

次来た時は、雲竜瀑の麓まで上がりましょう。

f:id:mountrip:20190114113833j:plain

それにしてもクライマーの方はすごいです!

こんな壁をスイスイ登って行きます。

f:id:mountrip:20190114113946j:plain

 

雲竜瀑まで上がらなかった分、かなりのんびりと楽しめました。

帰りは河原コースを使って(積雪や凍結具合によって状況が変わりそう)、洞門岩まで戻り、 またひたすら林道歩きでした。

 

使用カメラ・レンズ

Canon EOS 6D

EF16-35mm f/4L IS USM

EF24-105mm f/4L IS USM

 

まとめ

2011年に雑誌『山と渓谷』で紹介されてから有名になったという雲竜渓谷ですが、素晴らしい景色に出会えました。

氷柱の状態は毎年違うので、また訪れてみたいと思います!

 

時間がある方は、世界遺産の「日光の社寺(日光東照宮、二荒山神社、輪王寺)」や温泉に寄るのもおすすめです。

 

*本記事の写真は2018年の状況です。最新の情報をご確認の上お出かけください。

 

関連記事

www.mountrip.net