どうしたら急斜面でスムーズにターンができる?【スノーボード】

f:id:mountrip:20190106104110j:plain

スノーボードをしていてスキー場内大抵のところは滑るようになったけれど、斜度が上がるとエッジが抜けてしまう、転んでしまう・・・

あるいはシーズン始めで何だかしっくりこない、調子が悪い・・・そんなことはないでしょうか。

そんなあなたのために「ノーズドロップ」のお話です。

 

 

症状

初中級者「斜度が上がった途端うまくターンができず転んでしまうんです」

上級者「何だか調子が悪くて板に乗れている感じがしないんだよな〜」

そんな悩みをもつ方は多いのではないでしょうか。 

 

原因

原因はほぼ100%「後傾」です。 

  1. 斜度が上がってビビる
  2. ノーズに体重が乗らない・ノーズが軽い状態
  3. ターンのキッカケが作りづらい
  4. さらにそのままターンに入ると直滑降部分で完全に後傾
  5. スピードが出すぎて転ぶ

 

緩斜面ではそれほど意識しなくても板に対して身体が遅れない、または遅れても誤魔化せます。

しかし、急斜面になると板の落下スピードが上がり、正しいポジションにいないと板に置いていかれてしまいます。  

中上級者でもシーズン始めなど久しぶりに滑ると板を踏めない、なんか調子が悪いと感じることがあると思うのですが、基本的には同じですよね。

上級者の場合は転びはしませんが、板に対し適切に圧がかけられていない状態となります。

 

解決法:ノーズドロップとは

後傾=ノーズに体重が乗っていない状態なので、そこを直す練習です。

  1. エッジをかけて止まった状態
  2. 前足に重心を置く(後ろ足を伸ばす意識でもOK)
  3. 前足の角付けを緩める
  4. ノーズから板が落下し始めるので前足に体重を乗せ続ける!
  5. ターンをして両足体重に戻して停止

<ポイント>前腰の位置がどこにあるか意識しましょう。腰が引けていると体重が乗りません。

 

つま先→かかと、かかと→つま先と1ターンずつ丁寧にやっていきます。

とにかく前足!と意識してターンに入りましょう。

 

地味ですよね、、

しかし、騙されたと思って初中級斜面くらいで練習してみてください。

その後、びっくりするくらい楽にターンができるようになっているはずです。

 

最後に、慣れてきたら

「前足に重心を置く」というところを「両足均等」くらいでOKです。

スムーズにターンが繋げるようになります。

 

関連記事

急斜面に挑戦してみたい方はこちら。